プロが教える転職ノウハウ

【警告】正社員を目指す20代フリーター達、大量採用のワナに騙さるな!

更新日:

20代も半ばを過ぎると、それまでなんとなくフリーターを続けていた人も将来について真剣に考え始めるようになります。

たしかに、収入、結婚、親を安心させることなどを考えれば、そろそろ真剣に定職につくことを考えても良いころかもしれません。

ただ20代でフリーターからの正社員をめざす人のなかには、なかなか条件の良い仕事が見つからなかったり、せっかく就職しても直ぐに辞めてしまう人も多くいます。

原因は、本人の認識不足、知識不足、そして危機感の無さです。

というわけで今回は、20代でフリーターからの正社員を目指す方に、失敗しない就職先の探し方と、希望の会社に採用されるために必要なことを紹介します。


20代だから就職に有利だという認識は捨てる

「20代だから就職先なんていくらでもあるでしょ?」
こう思っている人が、どれほど多くいることか…。

先ず真実をお伝えします。

20代なら確かに就職先はそれなりにあります。
ただしそれは、アルバイト以下の待遇の企業を含めれば、の話です。

事実「20代で体力があり、残業もガンガンにこなしてくれて、時給換算したらアルバイトよりも安い給料で働いてくれる人なら正社員として雇いたい!」と考えている企業はゴマンとあります。

実際そういう類の求人は相当数出回っていて、それこそフリーペーパーの求人欄を見ると、そういう類の求人案件がたくさん掲載されていますから、もしかしたらそういった求人案件を見て「俺はまだ20代だから安心だ」と勘違いしてしまっているのかもしれません。

しかし、この先結婚して、子供が生まれ、一家の大黒柱として家族を支えていこうと思ったら、そんな「正社員という肩書きだけの仕事」ではとてもやっていけません。

今の転職業界は、大卒の新卒や第二新卒(新卒で就職して3年以内で転職を目指す人)でも、なかなか希望の企業には就職できないのが現実です。
そんな状況ですから、これまでフリーターで自由を謳歌してきた人が簡単に希望の企業に正社員として就職できるほど甘くはないということを、まずはしっかり認識することが大切です。


あなたが目にしている求人の5割以上は危険求人

フリーターから正社員を目指す人のなかには、「嫌なら直ぐ辞めて、また違う仕事を探せばいい」と思っている人も多く、アルバイトを探すのと同じ感覚で就職先を探してしまう人がいます。

しかし、これはとても危険です。

先述したように、今の時代、20代だからといって簡単に(労働条件の良い)企業に就職できる時代ではありませんし、何より30代なんてアッという間にやってきますから、モタモタしていたらあなたにとって最後の砦である「20代」という武器などすぐに使えなくなります。

また、無駄に転職を繰り返し、転職回数を増やしてしまうと、企業に「転職回数の多い人=忍耐力のない人・信念が無い人・人間関係が築けない人」など様々なマイナスイメージを与えますから、いざ本当にやりたい仕事が見つかったときに致命的になります。

ですから、本来は20代でも意識を高く持って就職希望先を探さなければいけないのですが、実際はアルバイトを探すのと同じ感覚で、手軽な「ファミレスやコンビニにおいてあるフリーペーパーの求人誌」や「スマホで誰でも簡単に閲覧できる求人サイト」で済ませてしまったり、せいぜい頑張って「近所のハローワーク」程度で済ませてしまう人がほとんどです。

しかし、これらの手軽な求人媒体で、あなたが定年までやりがいを持って働き続けられるような仕事を見つけることができる確率は決して高くはありません。

なぜなら、これらの求人媒体に掲載されている求人案件には、採用基準の低い(それが有り難い人もいるでしょうが…)人の出入りの激しい大量採用案件や、積極的に雇う気のないカラ求人が多く混じっているからです。

フリーペーパーや求人サイトで、何ヶ月も同じ求人が繰り返し掲載されているのを見たことはありませんか?
ああいった求人には採用基準の低い大量採用案件が多く混じっています。

ハローワークのパソコンで毎回検索に引っかかる求人募集を見たことはありませんか?
ああいった求人には“出しっぱなし”のカラ求人が多く混じっています。

実のところ、20代よりも危機感の強い30代、40代の求職者で、フリーペーパーや求人サイトで転職先を決めてしまう人など殆どいませんし、ハローワークにしても、転職先を探す場所ではなく、失業保険等の各種手続きの場所として捉えている人が殆どです。

では、本気で転職先を探している30代、40代の人たちが、どこで仕事を探しているのかというと、彼らは皆「転職エージェント」を利用しています。

しかし本来は、希望の企業に就職できる確率が1%でも高い20代のうちにこそ「転職エージェント」を利用するべきなのです。


転職エージェントとは就職・転職に関連する全てのサポートを無料で請け負うプロ集団

今や転職エージェントは「転職エージェントを使わずして転職の成功は無い」と言われているほど一般的なものになっていますが、アルバイト経験しかない方のなかにはご存じない方もおられるかも知れませんから、先ずは転職エージェントとは何か?を簡単に説明します。

転職エージェントとは、企業と求職者の橋渡しをしてくれる会社で、会員登録すると、あなた専任のアドバイザーが、あなたの経歴や希望などを聞き、それに見合った企業をいくつかピックアップして紹介してくれます。

また、転職エージェントのサポート範囲は企業の紹介だけに留まらず、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス、面接シュミレーションなど、就職に関わる全てのサポートをしてくれます。

特にいままでアルバイト経験しかない人は、履歴書や職務経歴書をどうやって書いたら良いか迷ってしまうと思いますが、そういったことも転職エージェントでは細かくアドバイスしてくれます。
転職ノウハウ本でさえアルバイト経験しかない人の職務経歴書の書き方を解説している本は存在しません。これを教えてくれるのは転職エージェントのアドバイザーだけです。

また、転職エージェントが扱う求人案件のほとんどが「非公開求人」と呼ばれる、厳しい審査基準をクリアした、比較的条件の良い求人案件ですから、入れ替わりの激しい大量採用や、カラ求人、今流行のブラック企業の求人を掴んでしまう心配もありません。

さらに嬉しいのは、転職エージェントは企業側からの報酬で成り立っていますから、求職者側(あなた)は全てのサービスを無料で受けることができることです。
就職が決まっても、決まらなくても、最初から最後まで全て無料で利用できるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、求人誌や求人サイトなどと違い、各転職エージェントの営業所まで足を運ばなくてはならないという手間はありますが、その分、専任のアドバイザーに直接相談できますし、毎回アドバイザーが一緒に作戦を立ててくれますから、非常に心強く、利用する価値は十分あります。


フリーターから正社員への転職におすすめのエージェント

転職エージェントには、同業種への転職を得意としているところ、キャリアアップ転職を得意としているところ、IT系業界への転職を得意としているところなど、色々なところがありますが、フリーターから正社員への転職であれば、おすすめは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは大手ですから聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

リクルートエージェントは日本全国に支店がありますから、47都道府県どこにお住まいでもサポートが受けられます。
またリクルートエージェントは特に非公開求人案件が豊富なことでも有名で、他の転職エージェントでは出会えないような好条件の求人案件も数多く扱っています。

さらに私が思う「リクルートエージェント」が他の転職エージェントよりも優れていると思う点で「企業にあなたを推薦する能力」というのがあります。

リクルートエージェントに登録すると、あなた専任のキャリアアドバイザーが、あなたの希望、理想、現在の仕事への不満、
これまでのキャリア、趣味に至るまで様々なことをインタビューするのですが、アルバイト経験しかない人の場合、他の転職エージェントではなかなかアピールポイントを見い出してはくれません。

しかしリクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、あなたとの会話の中から、あなたの得意分野はもちろん、人間的な魅力まで読み解き、それを応募企業に伝えてくれるのです。

これは一見小さなことのようですが、企業からすれば第三者からの一言で「会ってみよう」という気になることもありますから、特にアピールすべきビジネスキャリアの無い、フリーターから正社員を目指す人にとっては、これはとても大きなメリットになります。

なお転職エージェントというと、スーツを着て出勤するようなオフィスワークしか扱っていないと勘違いしている人もいるようですが、それは全くの誤解です。「リクルートエージェント」は製造業や建築業など、全ての業種の非公開求人案件を扱っていますから「オフィスワークはちょっと…」という方もご安心ください。

転職エージェントは、登録したからといって必ず仕事を紹介してもらわなければいけないということはありませんから、キャリアアドバイザーに現在の転職事情を聞いたり、非公開求人を見せてもらうだけでも足を運ぶ価値はあると思います。

もちろん既にリクルートエージェント以外の転職エージェントに登録している方がリクルートエージェントに登録しても何ら問題ありませんし、むしろいくつかの転職エージェントを比べてみることで自分に合った転職エージェントが見つかることもあります。

転職のプロと二人三脚でなら、フリーターからでも必ず納得の企業に就職できると思いますよ。

リクルートエージェントの登録方法

1.先ずはこちらをクリック(タップ)してください

2.下のページ(画像はスマホサイト)が開きます。「転職希望時期を教えください」とあるので転職を希望する時期をタップしてください。

リクルートエージェント登録手順

3.以降「希望の勤務地」「直近の年収」「現在の職種」「生年月日」など20個の質問に答えたのち、「登録する」をタップすると、リクルートエージェントのサービス(もちろん)を利用することができます。

20個も質問に答えるのは面倒に思うかもしれませんが、これしきのことを面倒がっているようでは、正直、転職に成功することは難しでしょう。

なお、途中で入力を中断してしまうと、システムの都合上、また最初から入力し直さなくてはならなくなってしまいます^^;

一気に20個の質問に答えて登録だけでも済ませてしまいましょう。

登録したからと言って料金が発生するわけではありませんし、必ずしも利用しなければいけないということもありません。条件の合う仕事の紹介があったときだけ利用するというのももちろんありです

柔軟に利用できるのも他の転職エージェントにはないリクルートエージェントのメリットです

「リクルートエージェント」はこちらからご登録いただけます

300-250




-プロが教える転職ノウハウ
-, , , , ,

Copyright© 転職成功の全知識 , 2020 All Rights Reserved.