プロが教える転職ノウハウ

離職中の転職活動の敵は精神的不安!ポジティブシンキングに転職エージェントのサポートは不可欠

更新日:

離職中の転職活動は、時間的余裕を得られることから、面接や入社日などを全て企業側の要求に合わせることができるといったメリットがあります。

反面、なかなか転職先が決まらないと収入面や将来に不安を抱いてしまい、焦って希望しない企業や職種に就職してしまうことも少なくありません。

そうならない為に、離職中の転職活動は自己管理を徹底し、前向きな姿勢でおこなう必要があります。


離職中の転職活動の不安の原因は孤独

嫌々勤めていた前職を辞めた瞬間は、「ようやくあのバカ上司のいる会社を辞めれたぞ!さあ頑張って次の仕事を探そう!」という感じで、スッキリ晴れ々としていたはずです。

しかしその後、2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月と転職先が決まらなければ、前職を退職したときの晴れ々した気持ちは薄れ、不安で押しつぶされそうな気分になっていきます。

周りの人間は毎日真面目に働いているのに、自分は昼ごろに起きて、ただただ転職サイトを眺めながら、お祈りメールを受け取る毎日。

ここまでくると激しい自己嫌悪に陥り、転職活動そのものをストップさせてしまう人も少なくありません。

こうなってしまう原因の一つに「孤独」があります。

一人での転職活動で思うような結果がでないと、何が正解で何が不正解なのか分からなくなってしまい、どんどん深みにはまっていきます。

たとえ家族が優しい言葉をかけてくれたとしても、家族が転職のサポートしてくれるわけではありませんから、転職がきまらなければ、家族の優しさが余計に焦りや不安を増幅させることもあります。

そして結局、転職サイトやフリーペーパーによく見られる、採用基準の低いプラック同然の大量採用求人に応募してしまい、就職してしまうことになるのです。


転職活動で精神的不安を払いのける唯一の方法は積極性を保ちつづけること

転職先がなかなか決まらないことによる精神的不安を取り除くには、転職に対して積極性を持ち続けるしかありません。
「自分は積極的に転職活動をしている」という事実が心の支えになり、不安を払いのけてくれるのです。

しかし、一人で転職活動をしていると、徐々に積極性を保ち続けるのが難しくなってきます。
気が付いたら、昼過ぎに起き、ボーっと転職サイトを眺め「今日もいい求人無いな…」とダラダラしているうちに一日が終わる。といいう生活サイクルになってしまう人もいます。

そうなってしまわないためには「転職エージェント」の利用をおすすめします。

転職エージェントとは、転職の相談、応募先企業の紹介、履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス、面接対策、企業への(あなたの)推薦、など転職を成功させるために必要な全てのサポートを無料で請け負う会社です。(転職エージェントは企業からの報酬で成り立っているので、あなた(求職者側)は一切料金は必要ありません。)

先ず、転職エージェントに登録して話を聞くだけでも、「自分は転職エージェントに足を運んでサポートを受けている」という事実が、あなたの精神的不安をいくらか取り除いてくれるはずです。

そして、いままで転職サイトやフリーペーパーでは見ることのなかった、魅力的な求人の数々に、再びやる気を取り戻せるはずです。(転職エージェントが扱う求人は「非公開求人」と呼ばれる求人で、転職サイトやフリーペーパーの求人案件とは全く違います)

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザー(またはキャリアコンサルタント)と呼ばれる、あなた専属の担当者が付きますが、この担当者が、あなたに合った仕事の紹介、採用担当者の目にとまりやすい履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス、そして過去のデータを生かした面接対策などもしてくれますから、“転職のプロ”との二人三脚の転職活動は、孤独からくる不安を全て取り除いてくれるはずです。

また「第三者に協力されている」という良い意味でのプレッシャーや緊張感が、あなたをより奮い立たせてくれることは間違いありません。


あなたを転職成功に導いてくれるおすすめの転職エージェント

離職中の転職活動において、転職エージェントを利用することの有効性をご紹介してきましたが、かといって、どこの転職エージェントでも良いというわけではありません。

転職エージェントには大きく分けて2種類あり、
1つは「紹介実績(紹介数)を重要視するエージェント」
もう一つは「紹介した人材の定着率を重要視するエージェント」
です。

前者は、「転職サイトに仲介人が介入した」というイメージで、とにかく紹介実績を増やすために、求職者の希望と企業のニーズがそれほどマッチしていなくても
半ば強引に就職させてしまうこともあります。そのため転職後しばらくして辞めてしまう人も少なくありません。こういった転職エージェントは主に中小規模のエージェントによく見られます。

後者は、求職者の希望と企業のニーズのマッチングを重要視し、多少時間がかかってでも、求職者が満足できる転職を叶えるまで粘り強くサポートしてくれます。そのため転職後の定着率が非常に高くなります。

どちらがおすすめかと言えば、もちろん後者です。

そしてその「紹介した人材の定着率を重要視する転職エージェント」のなかでも、
特に評判のよいのが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは47都道府県に対応した業界大手の転職エージェントですからご存知の方も多いと思います。

リクルートエージェントは、非公開求人の取り扱い数も、キャリアアドバイザーのスキルの高さも、どれも非常に評判が良いのですが、さらに特筆すべき点は「企業にあなた(転職者)をプレゼンするスキル」です。

リクルートエージェントは、単にあなたに企業を紹介するだけでなく、応募企業側にもあなたの魅力を伝えてくれます。

リクルートエージェントに登録すると、あなた専任のキャリアアドバイザーが、過去の仕事経験、転職先の希望等はもちろん、あなたの好きなこと、嫌いなことなど日常的なことも含めて様々なことをインタビューします。
そして、そういったあなたとの会話の中から、あなたのポータブルスキルや魅力を感じ取り、それを応募企業の採用担当者に何気なく伝えてくれるのです。

これは一見すると小さなことのようですが、企業も第三者の推薦で「じゃあ会ってみよう」となることも多々ありますから、実は転職においてはとても大きなメリットになり得ます。
そしてこういった気遣いができるのは大手転職エージェントのリクルートエージェントをおいて他にありません。

ただでさえ転職活動はエネルギーがいるものです。一人での転職活動は上手くいかなかった場合に、精神的不安からふさぎ込んでしまう人も少なくありません。

そんな時は素直にプロのサポートを受けることをおすすめします。リクルートエージェントは全てのサービスを無料で受けられますから、非公開求人案件を見せてもらい、キャリアアドバイザーに助言をもらうだけでも勇気が貰えますし、やる気も湧いてきますよ。

難しいとされているアルバイトから正社員への転職も、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーなら、そういう例にも慣れていますから問題ありません。
正社員としての職歴が無い人の職務経歴書はどう書けば良いか?面接でアルバイト経験しかないことを聞かれたらはどう答えれば良いか?など、一人ではどう対応すれば良いか困ってしまうようなことも的確なアドバイスをもらえますよ。

リクルートエージェントの登録方法

1.先ずはこちらをクリック(タップ)してください

2.下のページ(画像はスマホサイト)が開きます。「転職希望時期を教えください」とあるので転職を希望する時期をタップしてください。

リクルートエージェント登録手順

3.以降「希望の勤務地」「直近の年収」「現在の職種」「生年月日」など20個の質問に答えたのち、「登録する」をタップすると、リクルートエージェントのサービス(もちろん)を利用することができます。

20個も質問に答えるのは面倒に思うかもしれませんが、これしきのことを面倒がっているようでは、正直、転職に成功することは難しでしょう。

なお、途中で入力を中断してしまうと、システムの都合上、また最初から入力し直さなくてはならなくなってしまいます^^;

一気に20個の質問に答えて登録だけでも済ませてしまいましょう。

登録したからと言って料金が発生するわけではありませんし、必ずしも利用しなければいけないということもありません。条件の合う仕事の紹介があったときだけ利用するというのももちろんありです

柔軟に利用できるのも他の転職エージェントにはないリクルートエージェントのメリットです

「リクルートエージェント」はこちらからご登録いただけます

336-280




336-280




-プロが教える転職ノウハウ
-, , , ,

Copyright© 転職成功の全知識 , 2019 All Rights Reserved.