プロが教える転職ノウハウ

マネジメント経験のない40代でも転職に成功する方法をプロが解説

更新日:

企業も35歳以上の人を採用する際は、いずれ部門の管理を任せることも想定して採用しますから、特にこの世代の転職者はマネジメント能力が求められます。

しかし、私もキャリアコンサルタント時代に何人もの40代以上の人の転職相談を受けてきましたが、マネジメント経験はありますか?と聞くと「無い」と答える人が想像以上に多くいました。

ただ、だからと言って、企業がマネジメント能力を求めている以上、「経験ありません」と答えていては永遠に転職は叶いません。

というわけで今回は、マネジメント経験がない人がマネジメント能力をアピールするにはどうすれば良いか?その方法をご紹介します。


企業が求めるマネジメント経験とは?

一般的に企業が求めるマネジメント経験とは、部門を統括した経験、部下の指導・育成をした経験のことを指します。分かりやすく言えば「管理職」ですね。

ではこういった役職についたことのない人は「マネジメント経験はありません」と答えるしかないのでしょうか?

いいえ、役職についたことのない人でもマネジメント経験をアピールする方法はあります。
しかも伝え方によっては、単に管理職の経験があるだけの人よりも強力にアピールできる方法です。

事実、私がキャリアコンサルタント時代にも、このアピール方法で、多くの40代転職が採用に至ったのを目の当たりにしていますから是非参考にしてください。


マネジメント経験のない人がマネジメント能力を超強力にアピールする方法

先ず、冒頭でも述べたように、応募企業がマネジメント能力のある人材を求めているのであれば、バカ正直に「管理職の経験が無いのでマネジメントはできません」と答えていては絶対に採用されません。

ですから、あなたに管理職の経験があろうと、なかろうと、ひねり出してでもあなたにマネジメント能力があることをアピールしなければなりません。

そこで、もう一度思い返して欲しいのです。

あなたがリーダーシップをとって仕事を進めたことはありませんでしたか?
もしあるなら、これだって立派なマネジメント経験になります。

「俺は実務第一主義でリーダーシップも取ったことがない」という方でも、
長く仕事をしていれば、新人を指導したり、アドバイスをした経験の一つや二つありませんか?
そしてあなたのアドバイスがきっかけで成長を遂げた人はいませんでしたか?

こういった経験も素晴らしいマネジメント経験です。

マネジメント経験というのは、何も「役職について部門を統括した」「役職について部下の指導や育成にあたった」ということだけではありません。

役職についた経験がなくても、指導経験、サブリーダーとしての経験、それに加えて「新人があなたの指導で成長した」「企画が成功した」などのエピソードがあれば十分マネジメント能力をアピールする材料になり得るのです。

そして、いよいよ冒頭でお伝えした「管理職未経験の人が、単に管理職経験があるだけの人よりも強力にマネジメント能力をアピールする方法」ですが、

これは「現場感覚を生かしたマネジメントができることをアピールする」ということです。

どういうことか説明すると、管理職経験が長い人の中には、人や仕事を“回す”ことがメインになってしまい、現場感覚が鈍ってしまっている人も少なからずいます。こういう人は企業も採用したくはありません。

しかし、管理職の経験がなくても、第一線で実務をこなしながら部下の面倒も見てきた人なら、現場感覚もバリバリの現役で、現場側にたったマネジメントができるはずです。

「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きてるんだ!」

という某ドラマの有名なセリフがありましたが、これは会社組織でも言えることで、現場感覚のない人のマネジメントは上手く回らないどころか、時には部下の反感を買ってしまうことさえあります。

企業もそれは良く分かっていますから、あなたが「自分は現場側にたったマネジメントができる」ということをアピールできれば、管理職の経験がなくても十分採用に至る可能性はあります。

実際、私もここをアピールすることで転職に成功した40代を何人も見てきましたから間違いありません。


それでも自信がなければ転職エージェントに相談してみるのも手

ここまで役職についたことのない人がマネジメント能力をアピールするコツを解説してきましたが、このアピールは、より具体的なエピソードで、そして、より応募企業が求める人材像にピンポイントでマッチングさせることで、さらに成功率を上げることができます。

そのためには応募企業がどういう人材を求めているのか?を、できるだけ細かいところまで把握できたほうが有利になりますが、ハローワークや転職サイト、求人雑誌の募集要項ではそこまで細かいところまでは記されていません。

また、そもそもこういった簡易求人媒体の求人案件には、離職率の高い大量採用や、積極的に採用する気のないカラ求人も多く混じっていますから、一分一秒たりとも無駄にしたくない40代の転職者にはあまりおすすめできません。

そういったことを考えると、やはり転職エージェントのサポートを受けることがベストだと思います。
特に40代の転職は決して簡単とは言えませんから、あなた1人で、何の作戦も立てずに転職を成功させるのはかなり難しいと言わざるを得ません。

その点、転職エージェントが扱う求人案件は、全てが厳しい審査基準をクリアした求人案件ばかりですから、大量採用案件やカラ求人案件を掴まされる心配もありませんし、転職エージェントが扱うのはほとんどが非公開求人ですから、待遇も一般求人よりも良いものが揃っています。

また、マネジメント能力をアピールするには、あなたの経験をどのように採用担当者に伝えるか?が非常に重要になりますが、それに関しても転職エージェントの経験豊富なキャリアコンサルタントなら、もっとも採用担当者に “ささる” 伝え方をアドバイスしてくれます。

転職エージェントの中でも特におすすめなのが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは47都道府県対応で、扱う非公開求人案件数も業界トップクラスですし、キャリアコンサルタントの経験のある私から見ても、リクルートエージェントのコンサルティングは特に優秀という印象がありますから、一般的に難しいとされている40代の転職においてはこれ以上心強い味方はいないと思います。

そもそも転職活動はとてもエネルギーのいるものですが、特に40代ともなると、なかなか転職が決まらず精神的に落ち込んだり、焦って条件の悪い企業へ転職してしまったりするケースも多くみられます。

転職エージェントなら求職者側(あなた)は全てのサービスを無料で受けられますから、1人での転職活動に不安があるなら、一度プロに相談してみることをおすすめします。

転職のプロの話を聞くだけでも、ほっと光が灯るような気持ちなれると思いますよ。

リクルートエージェントの登録方法

1.先ずはこちらをクリック(タップ)してください

2.下のページ(画像はスマホサイト)が開きます。「転職希望時期を教えください」とあるので転職を希望する時期をタップしてください。

リクルートエージェント登録手順

3.以降「希望の勤務地」「直近の年収」「現在の職種」「生年月日」など20個の質問に答えたのち、「登録する」をタップすると、リクルートエージェントのサービス(もちろん)を利用することができます。

20個も質問に答えるのは面倒に思うかもしれませんが、これしきのことを面倒がっているようでは、正直、転職に成功することは難しでしょう。

なお、途中で入力を中断してしまうと、システムの都合上、また最初から入力し直さなくてはならなくなってしまいます^^;

一気に20個の質問に答えて登録だけでも済ませてしまいましょう。

登録したからと言って料金が発生するわけではありませんし、必ずしも利用しなければいけないということもありません。条件の合う仕事の紹介があったときだけ利用するというのももちろんありです

柔軟に利用できるのも他の転職エージェントにはないリクルートエージェントのメリットです

「リクルートエージェント」はこちらからご登録いただけます

300-250




-プロが教える転職ノウハウ
-, , ,

Copyright© 転職成功の全知識 , 2020 All Rights Reserved.