面接

転職は面接で落ちたからといってあなたに非があるとは限りません

更新日:

面接に落ちたからといって必ずしもあなたに非があるわけではありません。反省するべきところは反省し、次に向かいましょう!

不採用の原因はあなたにあるとは限りません

連続して不採用になってしまうと面接自体が恐くなってしまうことがあります。

しかし採用・不採用はあなたの能力の優劣だけで決まるわけではありません。
ましてや不採用になったからと言ってあなたの人間性を否定しているわけでもありません。

シンプルに会社のニーズにあなたが合わなかっただけの話です。

どんなに素晴らしいスキルを持っていても、すでに同じスキルを持った人材が企業にいれば採用されないこともあります。
大きな将来性を感じさせる人材であっても企業が即戦力を求めていれば採用されないこともあります。

ですから、不採用が続いたとしても「タイミングが悪かっただけ」と割り切りるようにしましょう。
むしろ「合わない企業に採用されなく良かった」ぐらいに考えたほうが気が楽になります。

もちろん、面接で上手くいかなかった点があれば、反省、改善しなければなりませんし、より高いレベルのスキルの必要性を感じたのであれば更なるスキルアップに努めなければならないのは言うまでもありません。

しかし、どんなすばらしいキャリアやスキルのある人でも、タイミングによっては「10社近く応募しても内定を得られたのは1、2社」ということもめずらしくないの転職ですから諦めずに前に進むようにしましょう。

336-280




336-280




-面接
-

Copyright© 転職成功の全知識 , 2020 All Rights Reserved.