転職準備

U・Iターン就職とは?メリットと成功させるコツを解説!

更新日:

地元に帰って働くのがUターン、地元以外の地方で働くのがIターンです。
やりたいことがやれるなら場所は関係無い!という人にはチャンスが広がるI・Uターン転職は特におすすめ出来ます。今回はUターン就職、Iターン転職を解説します。転職を考えている人は是非検討してみてください。



Uターン転職・Iターン転職とは?

Uターン転職とは都会で働いた後に、生まれ育った地方で転職することを言います。

Iターン転職とは生まれ育った土地以外に転職することを言い、主に都市部で生まれ育ち就職した人が地方に転職することを言います。

U・Iターン転職のメリット

自然豊かな地方で働くことが出来るというメリットもありますが、何より地方の中小企業が、大都市圏の厳しいビジネス環境で揉まれ、様々なビジネススキルを身につけた人材を欲しているという現状があります。

地方の優良企業が経営を担うようなマネージャーや、即戦力でリーダーと成り得る有能な人材を採用したくても地方ではなかなか見つからないというのが事実としてあり、そのため地方の企業は、首都圏の企業で厳しいビジネス環境で様々なビジネススキルを身に着けた人材を欲しているのです。

首都圏では当たり前のビジネススキルも、地方では思いのほか高く評価されることもめずらしくありません。
地方にも将来性のある企業は当然ありますし、あなたのやりたいことを実現出来る企業もあるかもしれません。

充実した人生を送るためU・Iターンも検討してみても良いかもしれません。

U・Iターン転職を成功させるコツ

家族への説明はしっかりする
結婚している場合、U・Iターン転職は家族の理解を得られなければ実現出来ません。
あなたがU・Iターン転職を希望するなら、まずは家族の意見、不安に耳を傾け、それを解決するように努める必要があります。

見知らぬ土地に引っ越すことに不安を感じているならば、休日を利用して旅行に行ってみたり、地元の家賃相場を見せたりし、まずは不安を解消してあげることが大切です。

いずれにせよ家族の賛成を得られないうちはU・Iターン転職はするべきではありません。

転職する本人はよりも、奥様やお子様のほうが「生活する環境、近所付き合い、友達、学校」と変化が多いのがU・Iターン転職だということを忘れないようにしてください。

必要資金の試算とスケジューリング
遠方に転職する場合、賃貸契約費用、引越し費用、交通費などどうしても出費が多くなります。
また新居の手配などにも時間が掛かることを考慮した上でスケジューリングしましょう。

Uターン、Iターン支援制度があれば活用する
住宅支援、就労支援、子育て支援など、Uターン、Iターン移住者に各種支援を行っている都道府県、市町村があります。

勤務候補地があるのであれば一度その土地の地自体に問い合わせて見てください。

支援内容は各自治体のホームページでも紹介されていますが、実際に担当者から話を聞いてみると活字からは感じ取れないメリットを知ることが出来るかもしれません。


転職サイトへの登録はお済ですか?

信じらないことですが、転職サイトに登録せずに転職活動をしている方がいらっしゃるようです。

今や転職サイトは、求人誌はもちろん、ハローワークよりも多くの求人が紹介されている転職のベーシックです。もちろん利用は完全無料ですから必ず登録しておくようにしましょう。

転職サイトには、主に

  1. 求人案件数が圧倒的
  2. 転職エージェントのようにオフィスに足を運ぶ必要がないため在職中でも利用できる
  3. プロフィールを登録するため「スカウト」が来ることがある
  4. 無駄な履歴書を書く必要がなくなる

といったメリットがあります。

特に4つ目の「無駄な履歴書を書く必要がなくなる」というのは求職者にとっては非常に大きなメリットではないでしょうか?

どういうことか補足すると、一般的に企業は求職者から問い合わせがあれば、とりあえず誰に対しても「履歴書を送ってください」と言いますよね?。

ただ、手書きで履歴書を書くというのは非常に手間のかかる作業ですから、何度も採用される可能性の少ない会社のために履歴書を書くのは時間の無駄でしかありません。

しかし転職サイトは、予め(あなたの)プロフィールを登録しますから、応募先企業があなたのプロフィールを見て「ウチには合わないないな」と判断されれば、その段階で断ってきます。

つまり履歴書を書くのは、あなたのプロフィールを見たうえで、あなたを採用する気のある会社に対してだけで済むということです(※さらに最近ではプロフィールだけで(履歴書なしで)採用する企業も増えてきています)。

インターネットに馴染みのない方も、今の時代は企業側も「使える人材はネット経由で申し込んでくるもの」と捉えている傾向がありますから、是非転職サイトへの登録&プロフィール記入だけは済ませておいてください。

転職サイトは大手の方が求人数が多くオススメですが、中でもリクルートが運営する「リクナビNEXT」の求人数は全国規模で圧倒的です。採用実績も国内トップクラスなので、まずは登録して、あなたの通勤圏内でどういった求人があるか確認してみてください。

336-280




336-280




-転職準備
-,

Copyright© 転職成功の全知識 , 2020 All Rights Reserved.