プロが教える転職ノウハウ

転職のミスマッチはハローワークが原因!?ミスマッチ転職の回避方法を専門家が解説

更新日:

ミスマッチ就職

転職のミスマッチ(以下ミスマッチ転職)とは、就職してみたものの「自分の希望と違った」という場合や、企業側から見て「欲しい人材と違った」いった、企業側と人材側の相性が合わない転職のことをいいます。

ただ、ミスマッチ転職をしてしまう原因は、往々にして転職者側にあり、企業研究しっかりして、書類や面接で(自分を良く見せようと)嘘をつくようなことをしなければ、ほとんどの場合避けられるはずのものです。

しかし実際は、ミスマッチ転職をしてしまう人が後を絶ちません。どうしてこういった事態が起こるのでしょうか?

今回はなぜミスマッチ転職をしてしまうのか?またミスマッチ転職を回避する方法をご紹介します。


ミスマッチ転職に陥る主な理由

「ミスマッチ転職をしないようにしよう!」と心がけているにもかかわらず、これほど多くの転職者がミスマッチ転職をしてしまうのには以下のような理由があります。

理想的な応募条件に惑わされてしまう。

転職した後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔する代表的なパターンで、労働条件の悪い企業に転職してしまうというのがあります。

労働条件の悪い企業は、人の入れ替わりも激しいため、欠員補充のために次から次に人を採用します。

そういった求人は、応募条件も未経験者OKであったり、給与が他より良かったり、さらには採用までが早いという、早く転職を決めたい人からすれば魅力的な求人に見えてしまうのです。

しかし、実際は、未経験者OKというのは、誰でもいいから人材を補充したいだけだったり、給与が他より良いのは、実は時間外労働を含めての給与だったり、採用までは早いというのも、とにかく1日も早く欠員を補充して業務を回したいだけだったりするわけです。

こういった企業に転職してしまうと、当然ミスマッチ転職になる可能性も高くなります。

採用されたいがために背伸びしてしまう

ミスマッチ転職の理由として、ありがちなのが、本当はそれほど高いスキルや経験を持っていないのに、自分を良く見せようと「できます」と嘘をついて採用されてしまった場合です。

この場合は、あなたにとってのミスマッチではなく、企業から見て間違った人材を選んでしまったというミスマッチになります。

「採用されてから勉強すれば火事場のバカ力で何とかなる」と思っている人もたまにいますが、実際に働きはじめれば、その道のプロが何人も周りにいるわけですから、その実力差は歴然です。

会社の期待に応えられないのであれば、会社にとっても痛手ですし、あなたも会社に居づらくなり、結局また転職を考えることになってしまいます。

ハローワーク・求人誌・転職サイトで安易に決めてしまう

応募企業を探す方法として、ハローワークや求人誌は一般的な方法ではありますが、こういった誰でも閲覧できて、誰でも気軽に申込できてしまうような求人は、「採用を急いでいる求人」である場合も多く注意が必要です。

ハローワークにずっと出ているような求人や、求人誌で毎週のように掲載されている求人を見たことはないでしょうか?

そういう求人は、入れ替わりが激しく、とにかく欠員を早く補充したい企業の求人である場合が多いですから、マッチする人の方が少ないと考えた方が無難です。

ただ、ハローワークや求人誌、転職サイトといった求人媒体は、企業からしても欠員補充の求人が出しやすく、さらに多くの人の目にも触れやすいため、これらの求人媒体からミスマッチ転職をしてしまう人が後を絶ちません。


ミスマッチ転職を防ぐためには入念な企業研究

「企業が本当に欲しい人材を把握して、それに“自分がやりたいこと”“得意なこと”がマッチしているか?」

これさえ確認すればミスマッチ転職は100%防げるはずです。
そのために最も重要になるのが「入念な企業研究」です。

すこし話はそれますが、私は以前、某玩具メーカーの面接官をしていたことがあり、その玩具メーカーの工場では、アルバイトも雇っていました。
アルバイトですから、採用時の面接も簡単なものでしたが、「弊社のホームページはご覧になったことはありますか?」と聞くと、8割~9割ぐらいの方が「いいえ、ありません」と答えていました(苦笑)
アルバイトならこれでも採用されますし、嫌なら辞めればいいだけの話ですから問題ありませんが、正社員なら論外です。

企業研究は、最低でも応募企業のホームページの全てのページに目を通し、事業内容を確認し、そこで自分がどんな形で貢献できるかまでイメージするようにしてください。
そこまでイメージできていれば、面接の段階で「これは何か違う!」と感じることができるはずです。そうなれば、たとえ内定がおりても自信を持って断ることができるようになりますから、ミスマッチ転職を防げます。


ミスマッチ転職を防ぐために転職エージェントを活用しよう

残念ながら、採用されやすい求人ほどミスマッチ転職になりやすいと言えます。
理由はこれまで説明してきたように、採用されやすい求人(=選考基準の低い求人)は、人の入れ替わりの激しい欠員補充的な意味合いの強い求人が多いからです。

そしてこういった求人は、ハローワークや求人誌、転職サイトなど、多くの人が利用する媒体に多くあるというのもここまで説明してきた通りです。

しかし、転職エージェントを利用すれば、こういった求人を掴まされる心配は無くなります。

転職エージェントが扱う求人の多くは「非公開求人」と呼ばれるもので、ハローワークや求人誌、転職サイトでは見ることのできない求人です。

「非公開求人」は企業が本気で自社にマッチした人材、即戦力になり得る人材を求めているときに出す求人で、欠員補充的な求人とは意味合いがまるで違います。

ですから「非公開求人」の中から、自分の希望にあった求人に応募すれば、採否はまた別問題ですが、少なくともミスマッチ転職に陥る可能性のある求人に応募する心配はなくなります。

「非公開求人」を多く扱っている転職エージェントで自信を持っておすすめできるエージェントは「リクルートエージェント
です。

「転職エージェントのゴリ押しでミスマッチ転職をしてしまった」という劣悪な転職エージェントの話を耳にしたことがありますが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは「転職せず今の会社に残ることも選択肢の一つ」として、本当の意味で転職者の気持ちになってアドバイスしてくれる優秀な人たちばかりですから、他の転職エージェントのように「ゴリ押しでミスマッチ転職…」という心配はありません。

転職エージェントというと、応募企業を紹介するだけのところと思っている人もいるようですが、リクルートエージェントなら書類作成から面接シュミレーションまで、転職に必要な全てのことをサポートしてくれます。

転職はエネルギーのいるものです。とくに在職中の転職活動は何かと忙しく、なかなか思うように進められないものですが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーのサポートを受けながらであれば、今の仕事をしながらでもスムーズに転職活動をおこなうことができるはずです。

転職エージェントは、登録したからといって必ず転職しなければならないということではありませんから、肩の力を抜いて、「話を聞くだけ」ぐらいの気持ちで一度利用してみてはいかがでしょうか?。

リクルートエージェントは全てのサービスを無料で受けることができます。

リクルートエージェントの登録方法

1.先ずはこちらをクリック(タップ)してください

2.下のページ(画像はスマホサイト)が開きます。「転職希望時期を教えください」とあるので転職を希望する時期をタップしてください。

リクルートエージェント登録手順

3.以降「希望の勤務地」「直近の年収」「現在の職種」「生年月日」など20個の質問に答えたのち、「登録する」をタップすると、リクルートエージェントのサービス(もちろん)を利用することができます。

20個も質問に答えるのは面倒に思うかもしれませんが、これしきのことを面倒がっているようでは、正直、転職に成功することは難しでしょう。

なお、途中で入力を中断してしまうと、システムの都合上、また最初から入力し直さなくてはならなくなってしまいます^^;

一気に20個の質問に答えて登録だけでも済ませてしまいましょう。

登録したからと言って料金が発生するわけではありませんし、必ずしも利用しなければいけないということもありません。条件の合う仕事の紹介があったときだけ利用するというのももちろんありです

柔軟に利用できるのも他の転職エージェントにはないリクルートエージェントのメリットです

「リクルートエージェント」はこちらからご登録いただけます

336-280




336-280




-プロが教える転職ノウハウ
-, ,

Copyright© 転職成功の全知識 , 2020 All Rights Reserved.