転職実践

20代前半から26歳ぐらいまでの第二新卒の転職のコツ

更新日:

第二新卒に企業が期待するものは多くあります。 ただし、とはいっても第二新卒は「入社して間もない転職」ですから「忍耐力が無い人」と思われないように注意する必要はあります。第二新卒の転職が上手くいくコツをお話します。




第二新卒に企業が期待する理由

「第二新卒」とは、新卒で就職し、3、4年経った25、26歳ぐらいで転職する人たちのことを言いますが、企業はこの「第二新卒」層に熱い視線を送っています。
企業が第二新卒に期待することとしては下記のような点が上げられます。

第二新卒は社会人としての基礎が出来ている。

実は企業側は、社会人としての経験がまだ3、4年程度の第二新卒に実績やスキルの面の期待はそれほどしていません。
しかしそれでも数年間は社会人としての経験を積んでいるわけですから、ビジネスパーソンの基礎は既に身につけていると考えます。

新卒の場合、まずはビジネスパーソンとしての基礎から教育しなくてはなりませんから、どうしても教育費などのコストがかかりますが、第二新卒ならその分のコストを抑えることが出来るのです。

若いだけに順応性や将来性が期待出来る

ある程度年齢になると自分のスタイルを確立していると思いこみ、そのスタイルに固執してしまうものです。
しかしこの第二新卒の年齢層は、いい意味でまだ自分のスタイルが確立されておらず、頭も柔らかいため、新しい仕事への順応性が期待出来ます。

またこのぐらいの年齢層は「早く新しい仕事を覚えて、自分の強みを活かして会社に貢献しよう」というエネルギーに満ち溢れているため、全くの未経験の分野でも将来性も買われて採用にいたるケースが多くあります。

(年齢が低いため)人件費が抑えられる

これは決して悪い意味ではなく、一般的にこの年齢層の給料は高くはないということです。

企業側もデキる人と期待して、ある程度年齢のいった、人件費のかかる人材を管理職として中途採用することがありますが、その人が「期待外れだった」というのはよくある話です。
それに比べて第二新卒の中途採用は、エネルギーのある若者を比較的低い人件費で雇うことが出来るのですから、企業側にとってもメリットは大きいと言えます。

第二新卒が転職に成功するコツ

まず一番大切なことは、あなた自身が自分を活かせる、自分が成長できる企業を見つけることです。
第二新卒は年齢的にもまだまだ妥協して仕事を決める年齢ではありません。

また企業側が第二新卒に一番期待することは実績やスキルでは無く「やる気」「活気」「柔軟性」です。
つまりあなたが生き生きと前向きに働いてくれないことには、会社はあなたを雇った意味がありません。

ですから第二新卒の転職活動は、若さを全面にアピールして、履歴書、職務経歴書、面接の全てで、採用担当者にあなたの「やる気」を感じてもらえるよう努めてください。

ただし「私、やる気あります!」と一方的に主張するだけではあなたの本当のやる気を人事担当者に伝えることは出来ません。

面接では、具体的に自分は何に興味があり、自分の強みは何で、その強みで経験不足をどうカバーし、どう会社の力になることができるか?を明確に答えることで、はじめてあなたのやる気が相手に伝わるということを覚えておいてください。

例えば

「自分はやる気はあるのでどんどんお客様に会って、どんどん契約取れるよう頑張ります!」

と曖昧な表現で伝えるのと、

「私はお客様の喜ぶ顔が直接見れる“BtoC”の営業にとても興味があります。私の強みは人見知りすることなく、誰とでもすぐに打ち解けることが出来ることだと思っています。その強みを活かして、直接お客様の希望や改善すべき点を聞き出し、サービスの向上に繋げていけたらと思っています。」

と具体的に答えのとでは、どちらが人事担当者にあなたのやる気が伝わるでしょうか?

私が人事担当者なら間違いなく後者を採用します。

やる気を伝えるには「やる気があります」では何も伝わりません。あなたがどう会社に役に立ちたいのか?を具体的に伝えるようにしてください。

忍耐力が無いと思われないようにする

確かに企業は第二新卒に熱い視線を送っていますが、一方、就職して3、4年で仕事を辞めるというのは、ともすれば「忍耐力が無いのでは?」と疑われる恐れもあります。

これは第二新卒に限らず、すべての転職希望者に言えることですが、忍耐力が無い人と判断されてしまうと転職は難しくなります。

そう思われないためには、「前職場を辞めた理由」と「(転職先として)この会社を希望した理由」をハッキリと答えられなくてはなりません。
そしてこれら「前職場を辞めた理由」と「(転職先として)この会社を希望した理由」には一貫性がなければなりません。

例えば先ほど挙げた例とつなげるなら、

「以前の会社でも営業職だったのですが、その時はBtoBの営業でした。しかし私は実際に自社製品を使用しているお客様の喜びの声やお叱りの声を直接聞けるBtoCの営業に強い興味を持ち、貴社ならそれができるのではないかと応募させていただきました。」

とすれば、「前職場を辞めた理由」と「(転職先として)この会社を希望した理由」に一貫性も持たせられますし、「本当にやりたいことをやるために前の会社を辞めてウチを受けたんだな」と面接官を納得させられます。

第二新卒の転職は、必ずポジティブな退職理由を伝え、忍耐力が無いから辞めたのだと思われないように努めることも大切です。




転職サイトへの登録はお済ですか?

信じらないことに、転職サイトに登録せずに転職活動を始めてしまう人がいます。

特に第二新卒なら、高収入の求人数が圧倒多い転職サイトには必ず登録しておかなければいけません。
転職サイトは(第二新卒なら)企業からスカウトがくることも少なくありません。

転職サイトには、主に

  1. 求人案件数が圧倒的
  2. 転職エージェントのようにオフィスに足を運ぶ必要がないため在職中でも利用できる
  3. プロフィールを登録するため「スカウト」が来ることがある
  4. 無駄な履歴書を書く必要がなくなる

といったメリットがあります。

4つ目の「無駄な履歴書を書く必要がなくなる」というのはあまり知られていませんが、これは転職サイトの非常に大きなメリットの一つです。

どういうことかというと、一般的に企業は求職者から問い合わせがあれば、とりあえず誰に対しても「履歴書を送ってください」と言いますよね?

ただ、手書きで履歴書を書くというのは非常に手間のかかる作業ですから、採用される可能性の少ない会社のために履歴書を書くのは時間の無駄でしかありません。

しかし転職サイトは、予め(あなたの)プロフィールを登録しますから、応募先企業があなたのプロフィールを見て「ウチには合わないないな」と判断されれば、その段階で断ってきます。

つまり履歴書を書くのは、あなたのプロフィールを見たうえで、あなたを採用することに対して前向きな会社に対してだけで済むということです(※さらに最近ではプロフィールだけで(履歴書なしで)採用する企業も増えてきています)。

インターネットに馴染みのない方も、今の時代は企業側も「使える人材はネット経由で申し込んでくるもの」と捉えている傾向がありますから、是非転職サイトへの登録&プロフィール記入だけは済ませておいてください。

転職サイトは大手の方が条件の良い求人数が多くオススメですが、中でもリクルートが運営する「リクナビNEXT」の求人数は全国規模で圧倒的です。採用実績も国内トップクラスなので、まずは登録して、あなたの通勤圏内でどういった求人があるか確認してみてください。

336-280




336-280




-転職実践
-, , , , ,

Copyright© 転職成功の全知識 , 2020 All Rights Reserved.